業務内容

地中エンジニアリングは『技術創造型企業』を理念に掲げた『地中探査の総合コンサルタント』会社として、<地中探査> <漏水調査> <地質調査>を行っています。

これら業務のうち、特に当社の特色は地中探査にあり、これは、様々な、〝物理探査〟の手法を駆使することによって掘らずにわかること(間接探査・非開削工法)を目的としたものです。

地中エンジニアリングでは、この物理探査の中心的手法となる地中レーダ法について、1979年の会社設立以来、社会のニーズの変化とともに技術的発展と適応領域の開拓に努めてきました。

現在では土木・建設に関わる幅広い分野において、地中探査技能検定(厚生労働省認定社内試験)の有資格者による適切な技術サービスを提供しています。

また調査状況に応じて、物理探査に加え簡易ボーリング等を用いた直接探査を組み合わせた複合調査も実施しています。

金輪
地中探査
地中探査
埋設管調査
空洞調査
障害物調査
不発弾調査
遺跡・埋蔵物調査
杭根入り調査
鉄筋調査
物理探査
物理探査
地中レーダ
電磁誘導
表面波探査
(レイリー波)
磁気探査
電気探査
直接探査
直接探査
簡易ボーリング
オートマチックラムサウンド
スウェーデン式サウンディング
ファイバースコープ
管内カメラ
漏水調査
漏水調査
音聴調査
相関調査
管路音圧監視システム
トレンド工法
管路診断調査
水圧調査
洗管調査
地質調査
地質調査
各種ボーリング調査
各種原位置試験
各種室内試験


































〝物理探査〟とは

人為的に、あるいは自然に地中に与えられた物理量(電磁波、電気、磁気、地震波、弾性波、音波、放射能、地温、重力など)を地表で観測し、そのデータから、実際に開削せず間接的に地中状況を推定する調査法です。

地下資源探査や地質構造の調査法としては一般的なものですが、土木工事など基礎的調査手法としても広く利用されるようになってきました。


物理探査のメリット

〝掘らない〟〝騒音・振動がない〟〝線・面的探査が可能〟〝交通渋滞の緩和〟〝経費削減〟